読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「この世界の片隅に」感想

自分にとって、この作品によって描かれた時代は、戦争の時代という印象が強かった。この時代に思いを馳せると、火事から逃げ惑う人々、焼野原、すし詰めの防空壕、竹やりを持った坊主の少年達、生の芋をかじるやせ細った子供といった情景が必ず思い浮かんで…